ビジネスの基本というものは

ビジネスというのは、要するに商売のことです。
つまりこれは、商行為であればすべてが該当するわけです。

ビジネスにおいて重要なのが、「三方よし」という言葉です。
これは古くから日本の商業活動において、最も良いとされている形です。
三方というのは、自分、相手、世間の三つであり、要するにみんなが得をするのがよいという考え方です。
これがビジネスマンとして目指すべき商業のやり方であり、世界的にも誇るべき考え方であるといえます。

ちなみに日本もそうなのですが、商業というのは長い間、軽視されていました。
今では最も重要視されているものであるといえます。
特に金融関係は軽蔑されていた時代がとにかく長く、宗教的に今でもそうした風潮が残っているところもあります。

今はグローバルの時代ですから、その国の宗教や商慣習にあった行為をすることが必要です。
三方よし、というのは、相手だけでなく世間も入っています。
世間というのは、相手の国の習慣や考え方でもあるわけですから、日本だけのことを考えないで世界的に視野を広げる必要が出てきているといえます。